赤面してしまう場面

あなたは恥ずかしい場面に遭遇すると、
赤面する人ですか?

  
 
 
 
 
 
僕は赤面します。
 
 
 
 
 
 
  
でも、全然問題だと思ってないんです。
顔が赤くなる人の方が誠実な印象を与える
ので感情が顔にでることは悪いことではないです。
 
 
 
 
 
 
  

先日、会社の新入社員歓迎会がありました。
彼らはみんなの前で緊張して自己紹介を噛んでしまったり、自分が思っていることを喋れなくなったりと…
赤面していました。

 
 
 
 
 
 
  

自己紹介中に言葉が詰まって喋れなくなった彼に、
「事前に色々聞いてますよ、頑張ってください」
と、こちらから喋ると、
「よろしくお願いします」
とホッとした表情をしていました。

 
 
 
 
 
 
  

後日その彼に、
「赤面するタイプ?」
と聞くと、
「はい、自分の顔が赤くなっているとわかるのでますます恥ずかしくなって喋れなくなります」と言っていました。

 
 
 
 
 
 
  

「そうなんだ…いい方法あるよ」

 
 
 
 
 
 
  

ホン カツ
次が人生のシークレットです!

 
 
 
 
 
 
  

先ず…
「感情が顔に出ないようにしようと思うのは逆効果だよ、考えれば考えるほど焦りとか不安が出て余計に赤面するから」

 
 
 
 
 
 
  

「自分が意識していることとか、考えていることは顔にでてしまうものと思った方がいいよ」

 
 
 
 
 
 
  

「自分に意識を向けるんではなくて、相手に意識を向けることが赤面を抑えるコツ、例えば相手の瞬きの数を数えるなんかはとても使える方法だと思うよ」

 
 
 
 
 
 
  

「人は3秒に1回ぐらい瞬きするから、交渉の場面とかで相手が瞬きを多くしている時って言うのは何かあるなと思った方がいいよ」

 
 
 
 
 
 
  

「ありがとうございます、赤面しそうになったら意識を人に向けるようにしてみます」と彼は言ってました。

 
 
 
 
 
 
  

今後、彼らと一緒に成長していくのが楽しみです。

 
 
 
 
 
 
  

これが人生のシークレットです!
では少しでもお役に立てれば幸いです。

 
 
 









あなたの知らない「才能」が開花する

誰しも才能を持っているのに、自分の才能に気付かずに過ごしていませんか?
そんな日々から抜け出して、一度限りの人生を謳歌しませんか?
あなただけの才能の見つけ方を教えします!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生を好転させるのが大好きで、より多くの人にシェア出来たらいいと思いブログ書いてます。人生に隠された秘密とは何か?自分自身の才能は何か?無料診断もやっているので、是非やってみて下さい。