どういう角度で人に話してますか?

人に話すときの角度を意識したことありますか?

 

 

上司、部下の関係で
ひとつ気をつけなけくてはいけないのは
「頑張る系」の上司は

 
 
 
 
 
「俺も凹んだときがあったけど、何とか踏ん張って、頑張ったからうまくいった。だから、お前も同じぐらい頑張れ」
 
 
 
 
 
と、教訓を垂れてしまいがちなこと
これだと奮起するどころか逆効果です
 
 
 
 
 
子育ての場面も多いのですが、子供に対してつい…
 
 
 
 
 
「お母さんもそうだったけど、頑張ったのよ。あなたには頑張りが足りません!」と叱ってしまうことです
 
 
 
 
 
でも「頑張ったのよ」以下は言わずに
「あのときは、辛かったわ」という「気持ちのシェア」の段階で止めないといけません
 
 
 
 
 
他に、言ってはいけない言葉は
「言わなくてもわかるよね」とか
「君ならわかると思うけど…」があります
 
 
 
 
 
こう言われると多くの人は、ちょっとイラッときます
 
 
 
 
 
なぜかというと、これは「話す角度」が上から目線になっているからです
「わかって当然だよね」というエネルギーがあると、相手は腹が立つんです
 
 
 
 
 
「わかってくれるかな?」というフラットな分かち合いの気持ちから発信していれば、相手は受け取れます
 
 
 
 
 
ホン カツ
次が人生のシークレットです!
 
 
 
 
 
自分の弱点を知っておかないと、つい無自覚のうちに上から目線で言葉を言ってしまいがちです
 
 
 
 
 
特に、自分が何でもできてしまうタイプの人は
できない人の気持ちに寄り添えないものです
 
 
 
 
 
なので「ちょと相手に寄り添った風」に話をすると
まったくの逆効果を生むことを覚えておいてください
 
 
 
 
 
なぜかというと、「話の角度」を人は敏感に察知するからです
そして、相手には「バカにされた!」という痛みだけが残ります
 
 
 
 
 
教訓は相手が感じ取るもので、人に言われたくないものだと覚えておいてください
 
 
 
 
 
これが人生のシークレットです!
では少しでもお役に立てれば幸いです
 
 
 









あなたの知らない「才能」が開花する

誰しも才能を持っているのに、自分の才能に気付かずに過ごしていませんか?
そんな日々から抜け出して、一度限りの人生を謳歌しませんか?
あなただけの才能の見つけ方を教えします!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生を好転させるのが大好きで、より多くの人にシェア出来たらいいと思いブログ書いてます。人生に隠された秘密とは何か?自分自身の才能は何か?無料診断もやっているので、是非やってみて下さい。